NEW

「小室哲哉は地方のマーケットを見抜いた」速水健朗がJPOP激動期としての90年代を分析

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 先日、新著となる『1995年』を出版した速水健朗氏。同書では戦後史の転機となったこの年の出来事を政治・経済・社会・文化と「横に読むこと」に試みている。前回のインタビュー『速水健朗が語る"1995年”の音楽シーン「中間的な領域に面白い音楽がたくさんあった」』では当時の東京における音楽シーンについて語ってくれた彼に、今回は地方の状況とヒットチャートの関わりについての話を中心に訊いた。

――1995年に最も売れたシングルはDREAMS COME TRUEの『LOVE LOVE LOVE』でした。

速水健朗(以下、速水):ドリカムは出てきたときと売れてきたときで印象が異なる存在で、「うれしはずかし朝帰り」で出てきた時は都会的な音楽を演るミュージシャンとして印象深かった。けれど、そこから数年で、すごくメジャーになっていく過程で変化しましたよね。『1995年』のなかではユーミンとの比較で書いたんだけど、ドリカムの吉田美和に感じられるのは、都会への憧れのなさなんですよね。都会を記号的に描くのがユーミンの特徴だとすると、吉田美和は、地元に根ざした詞を歌っていたんです。それが、とても90年代半ばの感じにマッチしていた気がします。「カウチポテト族」の生活? 金曜日の夜にデートムービーをTSUTAYAで借りてきて、それを観ながら夜は家で楽しく過ごし、翌日には車でドライブデートみたいな。そこでは、必ずドリカムがかかっているみたいな。その背景には、郊外型レンタルビデオ屋の普及と『ゴースト/ニューヨークの幻』のようなデートムービーの流行と、自動車普及率の増加が関わっています。

続きはこちら