NEW

矢部浩之、結婚後初の正月「幸せ100%。青木のおせちスゴイ」岡村は「コンビ格差」懸念

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢部浩之(左/『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.2』<ワニブックス>より)
 昨年3月にフリーアナウンサー・青木裕子と結婚し、青木との新婚生活を“満喫中”のお笑いタレント・矢部浩之(ナインティナイン)は、1月10日1:00~放送のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演し、結婚後初となった“幸せな”正月の様子を生報告した。

 番組内ではまず相方の岡村隆史が、正月はずっと地元の大阪で友人や芸人仲間らとダラダラと過ごしていたと語ると、矢部は「幸せ100%。本当にほのぼの、癒しのお正月休みだった」としみじみと切り出した。例年元日はフジテレビ恒例の番組『爆笑ヒットパレード』出演後に自宅で後輩芸人たちと飲み明かしていたという矢部は、今年も小島よしお、東京ダイナマイト・松田大輔、流れ星・ちゅうえいらとともに自宅で新年会を行ったという。

 しかし、青木と結婚後の今年は例年と少し様子が違ったようで、青木が大みそかに母親と一緒につくった「ものすごい美味しい、電波で言ってあげなきゃっていうくらい」(矢部)のおせちが振る舞われ、明け方まで酔って「ベロンベロン」(同)になりながら楽しい時を過ごしたという。

 そして2日以降の過ごし方について矢部が、「結婚したんで、そっから普通に自分の実家、埼玉の奥さんの実家に行った」と話すと、独身の岡村は「そんなん無理やわ」と漏らしたが、すかさず矢部は、「結婚したらできるようになる」と諭した。

 ちなみに青木の実家では、矢部は青木の妹にお年玉をあげたり、昨年12月に放送されたテレビ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)内の人気コーナー「ゴチになります!14」で矢部が“クビ”になったことについて、青木の母から「クビになったね」と言われたりしつつ、「お母さんとしゃべったり」(矢部)しながら過ごしたという。また、2日に放送された『志村&鶴瓶のあぶない交友録17』(テレビ朝日系)内で矢部が女性共演者とキスしたシーンについて、「あれ見た? キスしてたの」と青木から聞かれた母が「見た」と答え、矢部が「仕事なので」と返すなど、家族で「“ほのぼの”とした時間を過ごした」(矢部)という。

 これを受け、同じ頃に芸人仲間とスーパー銭湯ではしゃいでいたという岡村は、「コンビ格差だな……」とさびしそうに漏らした。

 結婚、そして昨年9月には青木の妊娠発表と公私ともども順調な矢部と、現在は特定の交際相手がいないと公言し当分結婚の見込みのない岡村の“コンビ格差”は、しばらく埋まりそうにないようだ。
(文=編集部)