NEW
【premium限定連載】出版界 ホンネとウソとウラ話 第4裏話

ポプラ社の社長が突然の辞任!"ズッコケ三人組"立役者にまとわりつく黒い噂

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「視点をクリアにする情報誌 月刊サイゾー」の記事がウェブ上で読める「サイゾーpremium」の記事から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

 ポプラ社の皇帝・坂井宏先社長(67歳)が2013年11月25日付で退任、12月3日に開いた臨時の株主総会で奥村傳前専務が社長に就任し、坂井氏は非常勤顧問に就任した――。マスコミ各社には「本業以外の投資損失を回復し責任を果たした、および本人の体調不良によるもの」と交代の理由を説明している。

BJ_1401_zukkoke.jpg
『ズッコケ中年三人組age48』(ポプラ社)

 この社長交代劇はあまりに突然だった。ポプラ社の決算は3月期、通常であれば6月末までに開く通常の株主総会で社長交代を決めるのが一般的だ。まして坂井氏は「65歳になったら社長を辞める」などと周囲に漏らしながらも、その玉座に座り続けた人物。そんな彼が突然自ら辞めるなんてにわかに信じがたい。出版業界では「何かしらの不祥事があったに違いない」、そんな噂で持ちきりだった。

 ちなみに、ポプラ社といえば、那須正幹さんの『ズッコケ三人組』シリーズや原ゆたかさんの『かいけつゾロリ』シリーズで知られる児童書が有名な出版社。近年は、ミリオンセラーとなった『グッドラック』(04年刊)やベストセラーの『えんぴつで奥の細道』(06年刊)など、一般書分野にも事業を拡大。さらに当時、タカラの系列会社だった出版社・ジャイブを買収するなど、総合出版社化を進めていた。

 その原動力となったのが、1998年に社長に就任した件の坂井氏なのである。

 坂井氏は、社長就任前は、『ズッコケ三人組』シリーズを担当するなど、名うての編集者として知られていた。しかも、入社後に「俺は社長になる」と同僚に話し、同族支配であったポプラ社の経営方針を批判して、当時の経営者から冷や飯を食わされたこともあったというほど、良くも悪くも苛烈な人物なのである。そんな坂井氏だが社長に就任してからは、横暴とも取れるほどの厳しい経営体制を敷いていたようだ。以下は、同社の社員や元社員などの声。

「(坂井氏が)社長に就任してから会社は北朝鮮化した。社員は毎日、坂井氏が出社する午前8時よりも前に出勤することが暗黙の了解となっていた」「書店訪問で自社本の陳列が気に食わないと書店員まで叱りつける始末」「社長の機嫌を損ねてはいけない、逆らってはいけない――そんなイエスマンばかりの会社になっていた」

 ある意味、順風満帆。坂井氏の社長人生の前半はそうだったのだろう。しかし、そうした状態も前述の交代理由でも触れられていた06~07年頃の投資の失敗で、陰りがさす。一説によると、これらはFXによるもので、数億円もの損失を被ったともいわれている。ポプラ社の売上高は平成24年3月期で94億円、利益は6億円程度。数億円という特別損失はこの規模の会社には相当重い負担であったに違いない。ある関係者はとんでもない話を口にした。

「坂井氏の判断による投資だったが、その失敗を部下にすべて押し付けて会社を解雇したようだ」

 半沢直樹じゃないが、「上司の失敗は部下の責任」というところか。

続きは、サイゾーpremiumでご覧いただけます!