NEW

鉄道模型ビジネス、なぜ秘かにブーム?飲食店、貸しレール…趣向凝るサービス続々

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「バー銀座パノラマ HP」より
 今や鉄道の楽しみ方も多様化し、「撮り鉄」や「乗り鉄」「音鉄」など鉄道オタクだけでもさまざまなジャンルがあることはご存じの通り。そして実物の電車を楽しむ人も多くいる中で、いまだに根強い人気を誇っているのが「鉄道模型」である。ミニチュアの線路を走らせたり、一から車両をつくったりなど、こだわればキリがない。


 そんな中、ここ数年で鉄道模型にプラスアルファの要素を取り入れたお店が多数登場し、初心者も手軽に触れ合う機会が増えたこともあり、再び熱気を帯びつつあるという。

 昨年12月20日には、千葉県の「イオンモール幕張新都心」に「スチームロコモティブ」という鉄道カフェの新店がオープンしたばかり。ジオラマを走る鉄道模型を見ながら食事することができ、席によってジオラマの景色が大きく変わるのも魅力だという。このようにファミリー層向けの複合商業施設にも鉄道をコンセプトにした店舗が名を連ねていることに、本格的ブーム再来の兆しが見て取れる。

●趣向凝らす飲食店が人気に

 東京・秋葉原に店舗を構えるのが「鉄道居酒屋LittleTGV」。店内をNゲージが走っているだけでなく、女性店員が駅員・乗務員風のオリジナルコスチュームで接客してくれるという萌え要素も取り入れた居酒屋だ。要するに「鉄道+萌え+飲食」の複合を売りにしているのである。

 「当初は鉄道好きの男性が客層の大半になると踏んでおりましたが、最近は女性や家族連れが増えてきており、鉄道模型という趣味の広がりを感じますね。ちなみに当店ではチャージの代わりに『乗車料』という名目でおひとり様当たり500円いただいておりますが、その500円分の切符を発行し、乗務員役の店員が入鋏する(ハサミを入れる)というサービスをさせていただいております。中高年の方々には懐かしんでいただけて好評ですね」(同店店長)

 そんなこだわりもあり、オープンした2008年から着実に売り上げを伸ばしているという。

 また、ムーディーなバーカウンターに鉄道模型が走るのは、東京・銀座にある「バー銀座パノラマ」。ボトルキープのようなシステムで鉄道模型キープができ、自身で持ち込んだ車両を走らせることもできるという。ほかにも、昨年8月から新規導入されたコントローラー付きのレールではお客が運転することもでき、「鉄道カクテル」というオリジナルカクテルを振る舞ってくれることでも話題だ。

 東京以外では、愛知県にあるカフェ「鉄道屋」も圧巻で、店内を走るNゲージは全7路線、レールの全長はなんと300m。製作に3年を要した大作だという。このように、東京だけでなく全国各地に鉄道ファン垂涎のお店が続々と誕生しているのである。

●ジオラマのレンタルサービスも人気

 もちろん、鉄道以外のプラスアルファの要素がない店舗も盛り上がりを見せている。店内にジオラマをつくり、1時間いくらというレンタルレイアウトのサービスを展開している鉄道模型販売店が全国各地で増えているのも近年の特徴だ。