NEW
芸能界からは引く手あまた!

旧態依然な体操協会の派閥争いが加速させた田中理恵引退の真相

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「視点をクリアにする情報誌 月刊サイゾー」の記事がウェブ上で読める「サイゾーpremium」の記事から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

1402_tanakarie.jpg
撮り下ろしカット満載のエッセイ『田中理恵Smile』(ベースボールマガジン社)も発売!

体操女子日本代表 田中恵理の引退
体操女子日本代表として活躍した田中理恵は、腰痛により休養していたが、26歳で引退を発表した。「日に日に(体操から)気持ちが遠のいていくのを感じた」と引退の理由を会見で口にしたが、初出場だったロンドン五輪では25歳という体操界では遅咲き。現在は日本体育大学の職員をしているが、今後の芸能活動にも注目が集まる。

『田中理恵』
たなか・りえ。元体操日本代表。1987年、和歌山県生まれ。県立和歌山北高校を卒業後、日本体育大学に進学。2010年の世界選手権で日本女子選手としては初の「エレガンス賞」を受賞。

「私が引退を決断した大きな理由は、ロンドン五輪が終わってから選手として達成感を味わうことができました。五輪が最高の目標だったということもありますし、自分自身納得のいく体操人生を送れました」

 先月19日の引退会見で、このように語ったロンドン五輪体操女子日本代表の田中理恵。2012年のロンドン五輪後、同年12月に行われた豊田国際体操競技大会(段違い平行棒のみに出場し優勝)を最後に、腰の故障を理由に休養を続けていた。

 田中の功績といえば、09年の全日本選手権2位、10年のアジア大会女子団体では銀メダルを獲得、12年のロンドン五輪では女子団体で8位入賞したことが挙げられる。これ以外にも、芸能人さながらの美貌から男性週刊誌では頻繁にグラビアで特集されていたことも記憶に新しい。

「体操界を牽引するほどの人気を誇った彼女が、試合に出場するとしないとではマスコミ取材や観客動員面において雲泥の差があります。そこで、彼女が勤務している日本体育大学(以下、日体大)や日本体操協会幹部の中には、体操競技の認知度やイメージアップのために、まだまだ田中の威光にあやかりたいと考える人たちがいました。実は田中自身、ロンドン五輪直後に引退を発表するつもりでしたが、15年に彼女の地元で開かれる『紀の国わかやま国体』まで現役を続けてほしいという、周囲からのラブコールを受け、日体大体操部の学生を指導しながら、腰痛のリハビリに励んでいたんです」(スポーツ紙記者)

 ところが事態は急展開を迎える。冒頭で触れたように、突如田中が引退を発表したのだ。それにしてもなぜ、国体の出場を断念してまで決意したのだろうか? この裏には、体操以外の田中の活動を良く思わない面々がいたという。

「昨年5月に東京ドームで行われた巨人戦の始球式をはじめ、2020年東京五輪招致団への抜擢、また9月の世界体操競技選手権では、同大会を放送したフジテレビのスペシャルナビゲーターとして出演……など、人気に比例し、田中の元にはテレビやCM出演など、さまざまなオファーが殺到し、休養中も目覚ましい活躍でした」(大手広告代理店社員)

 だが、彼女のメディアへの露出が増えるにつれて、次第に体操協会からは田中の競技外の活動に対して反発の声も上がっていたという。

続きは、サイゾーpremiumのご購読ご登録(有料)でご覧いただけます!