NEW

2PMの新作アルバムがチャート1位 「K-POP後発組」がセールスを伸ばす背景とは

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

参考:2014年1月27日~2014年2月2日のCDアルバム週間ランキング(2014年2月10日付)(ORICON STYLE)

 先週1位のAKB48 『次の足跡』は初週で96万2000枚というミリオンギリギリの自己最高記録を更新しながら、今週は3位に後退。2週目でミリオン突破未遂(発売16日目で達成)に終わるという、いかにもAKBらしいセールス高低差のあるチャートアクション。それにしても、シングルのタイトルはいつもそれなりに考え抜かれているのに、前作の『1830m』といい、本作の『次の足跡』といい、AKBのアルバムタイトルはいつも素っ気ない。そのタイトルの意味するところはファンにはすぐ分かるんだろうけど、「そもそも『次の足跡』って、日本語としての据わり的にどうなの?」と物書きの端くれとしては思ってしまう。しかも、ちょっと変わった用語だからといって、それが特に印象に残るわけでもないし。5年後や10年後、もしAKBのことが人々の記憶に残っているとしたら、それはシングル曲であって、決してアルバムではないということを、作り手側が最初から見切っている感じがするし、実際にそうなるのだろう。

続きはこちら