NEW

【佐村河内氏代作問題】海外の反応と歴史にみる、作品の価値の行方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

samuragochi0210.jpg
画像は、『火の鳥/東京佼成ウインド・オーケストラ・ライヴ』(日本コロムビア)

 両耳に障がいを持ちながら、日本のベートベンとすら称えられた作曲家、佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏が、18年に渡ってゴーストライターに楽曲制作を依頼していた問題で波紋を呼んでいる。12日未明には、代理人の弁護士を通じて直筆の謝罪文を公表。3年前くらいから、耳元で、はっきり、ゆっくりしゃべってもらうと、こもってゆがむ感じはありますが言葉が聞き取れる時もあるまでに回復していました」として、約3年前から聴力が回復していたことを告白した。

続きは【トカナ】で読む