NEW

批評家・濱野智史がアイドルプロデューサー宣言! 新グループのコンセプトを明かす

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 気鋭の批評家/情報環境研究者でありながら、重度のアイドルヲタクとしても知られる濱野智史氏が、新規結成アイドルグループの総合プロデュースをすることを発表し、その第一期生を募っている。情報環境に関する研究を専門としている濱野氏がプロデュースするというだけに、IT機器やWEBメディアを駆使した、これまでにないアイドルグループの結成が期待されているが、実際のところ、どのような構想が練られているのだろう。インタビュー前編では、アイドルグループを作ろうと考えたきっかけから、現在抱いている計画まで、大いに語ってもらった。

——濱野さんはこれまでAKB48や地下アイドルの熱心なファンであることを公言し、『前田敦子はキリストを超えた』などの評論も発表してきました。それが今度、新規結成アイドルグループの総合プロデューサーをつとめることになった経緯とは?

濱野智史(以下、濱野):僕はこれまで評論家をやってきて、アイドルについての文章もちらほらと書いてきたわけなんですけど、この一年現場に通いつめるうちに、ある種の「言葉の無力感」を感じてしまったんです。アイドルについての評論って、果たして意味があるのだろうか、と。もちろん、まったく意味がないわけではありません。ヲタの「レポ」はすごく大事ですしね。でも、そういうレポよりも距離をおいた、より客観性の高い「評論」を書くことの意味がどんどんわからなくなってしまって。どれだけ評論を書いても、アイドルの世界に興味のない人は全く読んでもくれない。読んだとしてもハナから理解する気もない。だったら、とにかくそういう人を現場に連れていく方が、僕が伝えたいと思っているいまの日本社会におけるアイドル現場の面白さ・異様さに気づいてくれる。だから、「評論」なんかより「現場」に行くことのほうがずっと意味があることに気づいてしまった。

続きはこちら