NEW

TMR西川貴教も賛同! グラドル自画撮り部部長・倉持由香が「グラドル界」を革新する

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 グラビアアイドルたちが自主的に鏡越しの自画撮り画像をアップするTwitterのハッシュタグ「#グラドル自画撮り部」。芸能プロ・GPR所属のグラビアアイドル兼女優・倉持由香が今年1月にこのタグを作ると、瞬く間に人気に火がつき、専用Twitterアカウントのフォロワー数は現在約1万3000人まで増加。部長を倉持、副部長を同事務所の吉田早希、書記をプロダクションノータイトルの塚本舞がつとめ、さらに佐山彩香、浜田翔子、今野杏南、岸明日香、櫻井りか、山中知恵、青山ひかるなど、事務所の壁を乗り越えて名だたるグラドルたちが次々と参加。そして何故かT.M.Revolutionの西川貴教が自ら入部を求めるも、男性であることから部員ではなく「タキシード仮面」のポジションに就任するなど、グラドルの枠すら超える大きなムーブメントとなっている。

 また、非公式ながら専用のまとめサイト「#グラドル自画撮り部 の部室」が作成され、つい先日100万PVを突破したと発表された。さらに多数の国内ネットニュースメディアに取り上げられ、中国や台湾など、海外メディアまでがこの盛り上がりについて報じている。ネットだけでなく、『FRIDAY』(講談社)や『週刊プレイボーイ』(集英社)に特集記事が組まれるなど、その勢いは止まることを知らない。この流れに乗り、「#地下ドル自画撮り部」「#AV女優自画撮り部」「#レスラー自画撮り部「#生主自画撮り部」といった亜流タグまで発生している。

続きはこちら