NEW

星野源『情熱大陸』で闘病の日々語る「辛いことの中には、意外と面白いのが混じっている」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 2014年2月23日放送の『情熱大陸』(TBS)に、音楽家・俳優・文筆家の星野源が出演した。番組は、今月6日に行われた初の単独武道館公演のリハーサルや、星野の日常の一コマに密着しながら、2012年に患ったくも膜下出血からの復帰の日々を追うドキュメントとなった。

 番組冒頭では、仲の良い友人だというお笑い芸人のバナナマンが星野の魅力を語った。設楽統が「天才だよね」と言えば、日村勇紀が「最高だよね。超憧れますよ」と話す。幅広く活躍する星野には、様々なジャンルの意外な友人がいるという。4年前、朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で脚光を浴びた星野は、舞台、ドラマ、コンサートなどを着実に行い、アーティストとしての足場を固めていった。だが、旬を迎えつつあった矢先、くも膜下出血に襲われ、緊急手術。一旦は復帰したものの、半年後に再手術を余儀なくされる。病室での写真も公開され、これまで窺い知ることのできなかった星野の闘病生活の様子が、生々しく映し出された。

続きはこちら