NEW

乃木坂46生駒、『NOGIBINGO!2』最終回で号泣 AKB48兼任の本音明かす

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 乃木坂46のメンバーが、3月29日(土)放送の『NOGIBINGO!2』で、最終回ならではの「本音」を語った。

 「the letter song」と題した今回の企画は、「お互い言いたくても言えなかった感謝の気持ちや、ゴメンナサイの気持ちを手紙と歌で伝える」というもの。

 最初は桜井玲香が若月佑美に対して思いを伝えた。お互いを「相方」と呼び、公私ともに仲の良い彼女たちが、お互いのことを分かりすぎるがゆえの悩みを告白。桜井が2期生との接し方に悩んでいる時も「その空気を察して、2期生に積極的に話しかけにいってくれた」と、感謝の気持ちを伝えた。そして、桜井が「一つだけ引っかかっていること」と前置きをし、2年前に起こったことについて語った。当時、若月が「アイドルは向いてないかもしれない」と悩んでいたときに、桜井はどうすればいいのかわからず、助けてあげられなかったという。桜井は当時について「一番辛いときに支えてあげられなくてごめんね」と若槻に謝罪し、「私だけには弱音を吐いていいんだよ」と語った。手紙の最後では、「乃木坂に入ってこんなに大切な子に出会えるなんて思っていませんでした。私と出会ってくれて、本当にありがとう!」と、感謝の言葉とともに、西野カナの「Best Friend」を歌い上げた。

続きはこちら