NEW
人気美少女ゲームブランド“Innocent Grey”杉菜水姫インタビュー後編

Innocent Greyの尖ったブランドコンセプトについて杉菜水姫に聞いてみた――「萌えは不要」「絶対に死体にモザイクはかけない」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おたぽるより】

 前編(参照記事)では、Innocent Greyの新作である『FLOWERS』中心に語ってもらった。全年齢版であるということや、百合というやや特殊なジャンルを扱うということにおいてもブランドの個性を感じさせてくれる内容だった。

 しかし、Innocent Greyはゲームの世界観だけなく、販売方法なども一般的な美少女ゲームブランドと戦略が異なる。美少女ゲームはだいたい店舗での予約件数で勝敗が決まると言われている。なぜなら発売日から週末にかけての初動3日間でほとんどの数字が動くからだ(編注:美少女ゲームの多くは金曜日に発売日を設定する)。そのためにブランド側は1本でも多く予約を入れてもらう必要があり、予約特典を大々的に付けるのが主流だ。この予約特典を店舗ごとに変えたりするなど、ブランド側でも様々な戦略を立てるのだ。しかし、この特典をInnocent Greyでは付けない。

 それはどうしてなのか? 後編ではInnocent Greyというブランドそのものについてスギナミキ氏に語ってもらった。

――もともと横溝正史のようなミステリィの世界が好きだったというお話でしたが、ブランドのコンセプトとして、美少女ゲームの絶対的な存在と言ってもいい“萌え”は必要ないと公言していますよね。一度も作ろうと思ったことはないんですか?

スギ:ありません(即答)

――ミステリィものとして『カルタグラ』で美少女ゲーム界に参入された際、周囲の反応はどうだったんですか?

スギ:当時はかなり厳しい反応だったと思います。極端に言えば、このご時世にミステリィか、と鼻で笑われるような状況でした。正直、私たちもユーザーに相手にされないかもしれないと危惧しながら制作していたんです。でも結果的にはグラフィックと猟奇シーンの描写が強烈だったこともあって、いい評価をしていただけました。

――ここ数年、美少女ゲーム業界は市場が縮小していると言われていますが、そのことを実感するようなことはありますか?

スギ:確かにそう言われていますが、Innocent Greyの場合、売上で考えるといまも昔も大差ありません。どれが爆発的に売れることも、どれが大失敗することもなく常に一定なんです。この売れ方は他社からすると珍しいことなのかもしれませんが、恐らく私たちの作品が流行に乗ることなく、狙ったユーザー層に期待通りの作品を届けることができているからじゃないでしょうか。時代が変わっても……

続きを「おたぽる」で読む