NEW
人気ブランド“Innocent Grey”杉菜水姫インタビュー前編

Innocent Greyが百合をテーマに新作『FLOWERS』を発表!その真意を杉菜水姫に聞いてみた

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おたぽるより】
 一般的に美少女ゲームと聞いたらどんなものを想像するだろうか。かわいい女の子たちに振り回されるドタバタコメディの学園もの――などを思い浮かべるんじゃないだろうか。

 多くの美少女ゲームと呼ばれるものについてはその想像で間違ってはいないだろう。いわゆる“萌え”というものをふんだんに盛り込んだコンテンツだ。2000年以降の多くの作品において、この“萌え”をどう活用し、描写していくかが重要視されてきた。これはゲームだけではなく、アニメやライトノベルなどオタク文化に関わるもの全てがそう言える。

 しかし、美少女ゲーム界において、あえて「萌えは必要ない」と公言するブランドがある。Innocent Greyだ。

 Innocent Greyは昭和の初期を舞台にした猟奇的で耽美な世界観と完成度の高いシナリオ、精緻な美しいCGで目を覆いたくなるようなグロテスクな死体を描きあげる稀有なエロゲーブランドだ。2008年には代表作『殻ノ少女』で美少女ゲームアワードのBGM部門、プロモーション部門で金賞を受賞するなど、傑作を生み出し続けている。昨年は『殻ノ少女』の続編『虚ノ少女』を発売し、話題となった。

 Innocent Greyはとにかくキャラを殺す。もちろん無下に殺すわけではなく物語の展開上で必要だから殺すのだが、お気に入りのあの娘が10分後には生首をチョン斬られて死んでいるなんてのは当たり前。この娘は死なないだろと思っていたキャラも殺す。それもこの上ない残酷さで。グロ系が苦手な人がプレイしたら、どれもが鬱ゲーになりかねない要素を兼ね備えているのだ。

 そんな中、Innocent Greyの新作『FLOWERS』は女の子同士の恋愛である百合というジャンル、しかも年齢制限のない全年齢版でリリースすると発表があった。全年齢版ということで、エロ要素はもちろんのこと、期待の(?)グロテスク要素もないという。これは一体どういうことなのか? Innocent Greyの代表で原画家をつとめるスギナミキ氏に話を聞いていた。

――最近になって『FLOWERS』のオープニングムービーが公開されました。相変わらず美しいムービーで、明るさやポップさ、柔らかさを感じさせ、これまでのInnocent Greyが展開してきた世界観とは異なりますね。今回なぜ百合をテーマにされたのですか?

⇒続きを『おたぽる』で読む