NEW

指原莉乃、日々の脅迫被害を告白「1日100件『死ね』」、握手会でも「芸能界やめろ」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

指原莉乃(撮影=岡崎隆生)
 昨年5月から女性アイドルグループ・アリス十番の立花あんなが9カ月もの間、ブログ上で「第二の酒鬼薔薇」を名乗る人物から殺害予告を受けていた事件で、2月、33歳の男性が脅迫の疑いで逮捕された。

 この事件について、女性アイドルグループ・AKB48の姉妹グループ・HKT48の指原莉乃は、3月4日0:35~放送のテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演し、自身も同じアイドルとして日頃からさまざまな脅迫や嫌がらせを受けている事実や、そのことに対する考え方を明かした。

 まず指原は、「私自身もありえる話ですし、実際にそういう話が来ているという話も聞いたこともある」と切り出し、立花がブログ上に「32害459(さつがいよこく) 7日後に会いに行きます」「特注包丁でザクザク切り刻んであげるよ」などと書き込まれていたことを受け、「(昨年5月に)一番最初にそれ(=書き込み)が出てから逮捕されるまで、長いじゃないですか。すごい毎日怖いだろうなって」と立花の気持ちを察した。 

 そして、自身のTwitterなどに「『死ね』というコメントはよく寄せられるが、『殺す』はない」という指原は、「Twitterとかで『死ね』って言われません?」と共演するお笑いタレント・松本人志(ダウンタウン)に質問。松本が「ない」と答えると、指原は驚いた様子で「えっ? 『死ね』になんにも思わない。私、1日100件は言われていると思う」と告白し、共演者たちを驚かせた。

 さらに指原は、過去に元交際相手が指原との交際を週刊誌上で告白し波紋を呼んだ自身のスキャンダルについても触れ、「スキャンダルとかあったんで、いつ殺されてもいいと思っている。ファンの方はやっぱりショックじゃないですか。だからノースキャンダルで殺されるのはいやだけど、1.5スキャンダルくらいだから」と覚悟を語った。

 加えて、AKB48メンバーとファンとの交流の場として知られる握手会でも、指原はファンから「芸能界やめろ」などと言われることもあると告白。しかし、「でもその人は握手はしてくるんで、私のこと好きなんだと思う」と前向きにとらえている様子をみせた。 

 このほかにも番組内では、松本が「ファンは好きなアイドルのスキャンダル報道が出た場合、アイドルに対してではなく、報じたメディアに怒るべき」との見解を示すと、指原は「でも、そういうファンの方もいますし、その子自身の幸せを願ってそういうことを言うファンもいれば、本当に好きで『どうして裏切ったんだ』(というファンもいる)。まあ、実際にお金を使ってくれてますんで」と、ファンの複雑な心境に理解を示すシーンも見られた。

 一連の指原のコメントからは、日頃から数多くの批判やバッシングを受ける人気アイドルゆえの苦悩や、アイドルとファンとの複雑な関係がうかがえる。
(文=編集部)