NEW

キャンディーズからBABYMETALまで 「アイドルとロック/メタル」の40年史を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 3月1,2日に行われたBABYMATALの日本武道館公演は、アクシデントがあったものの、無事大成功に終わった。この日、実際に現場を目撃した文芸音楽評論家の円堂都司昭氏が、BABYMETALの特徴でもあるメタルサウンドを軸に、「アイドルとメタル」の関係性とその文化を考察した。(リアルサウンド編集部)

 初めて首にコルセットをした。BABYMETAL初の武道館公演の1日目、「赤い夜 LEGEND “巨大コルセット祭り” ~天下一メタル武道会~」で、コルセット着用を義務づけられた観客の1人になったのである。記憶に残る熱演だった。

 昨年末の幕張メッセ公演も見たが、あの時は巨大女神像や十字架への磔という演出が凄かった半面、骨バンドによるエア演奏が大半を占め、白塗りの神バンドによる生演奏は多くなかった。BABYMETALがヘヴィ・メタルであることを掲げている以上、大会場のライヴでは生演奏の音圧がもっと欲しいと思った。

続きはこちら