NEW

世界の3大メジャーレコード会社は売上増 デジタル部門が成長ドライバーに

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 世界の大手レコードレーベルの四半期決算が出揃った。今回は3大メジャーと呼ばれるソニー・ミュージックエンタテインメント、ワーナー・ミュージック・グループ、ユニバーサル・ミュージックそれぞれのレポートに目を向けて、最新の業界動向をお伝えする。

 まずはソニー・ミュージックエンタテインメント。本体であるソニー株式会社が2月6日にリリースした「平成26年度3月期 第3四半期決算短信[米国基準](連結)」(参考:Sony Japan)によると、音楽部門の売上は前年同期比14.4%増の1447億円。部門毎にみると音楽制作が14.5%増の1073億7300万円、音楽出版が27.6%増の142億5500万円、映像メディア・プラットフォーム事業が9.5%増の226億7000万円となった。売上の中核を担う音楽制作では「A&Rの強化によりヒット作品の継続的なリリースに成功し、革新的なマーケティング戦略においても成果を上げた」とのこと。その例として発売前の広告宣伝やマスコミ向け活動を一切行わず、発売当初はデジタル配信のみで販売したビヨンセの新作アルバムが2013年12月13日の発売から同月末までに全世界でアルバム230万枚相当の売上を記録したことが挙げられた。日本においては前年同期に多くのヒット作があった影響などから減収となったが、それ以外の多数の地域ではデジタル配信の増加が牽引となり増収となったことも指摘されていた。

続きはこちら