NEW

嵐のメンバーはなぜずっと「仲が良い」のか エピソードから探る最強の組織論

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140301-arashi-thumb.jpg

結成15年目を迎えてもなお、メンバー同士の仲の良さが続く嵐。

【リアルサウンドより】

 現在発売中の『TV LIFE』最新号(3/14号)で、人気コーナー「嵐にしやがれ」に櫻井翔と相葉雅紀が登場している。「嵐のメンバーはお酒を飲むとどうなる?」という質問に対し、二人は昨年末に行われたコンサートツアー福岡公演で、大野智の部屋にメンバー全員揃ってお酒を飲んだというエピソードを披露。相葉が「床に座り込んでベッドに肘をつきながらウトウト寝そうになっていた」ことや櫻井が「最初から最後まで同じペースで飲み続ける」こと、大野については「ちょっと陽気になって結構しゃべるようになる」といったことが明かされた。

 結成15年目を迎えてもなお、メンバー同士の仲の良さが続く。彼らの「仲良しエピソード」は数多い。有名なのは櫻井と相葉の「櫻葉」コンビ。プライベートでも行動を共にすることが多い二人はよく六本木ヒルズのショップへ服を買いに出かけるそう。ときたま相葉が一人でショップへ向かうと店員から「先日、櫻井様が購入されていかれましたよ」と声を掛けられることもしばしばだとか。また大野と二宮の「大宮SK」コンビ仲もファンの間ではよく知られた話。大野は酔っ払うとよく二宮に電話をかけ「おぉ~ニノちゃん、愛しているよぉ~」と告白(?)するという。他にも大野と相葉の「天然」コンビや二宮と松本の「末っ子」コンビなど、メンバー同士の仲良しエピソードには事欠かない。

続きはこちら