NEW

水産業、迫られる国内偏重から海外進出の戦略転換と、その経済効果~STAP騒動の問題点

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 筆者が食品農林水産業関係の仕事で現在進めていることは、我が国ができる限り国際競争力を持つようにすることですが、やっていると自然にあらゆる「やろう」という意思が集まってくる一方で、全力で足を引っ張ろうとする人もいます。組織の内部でも外部でも必ずあることですが、筆者が事業を行う際や経営改善に取り組む際に心がけていることは、「重要なのは結果である」としっかり認識しておくということです。

 今、養殖業は大きく変わろうとしていて、数十億~百億円前後くらいの規模の大規模養殖加工水産業は、海外に目を向けて動き始めています。まさにノルウェーが世界市場でシェアを伸ばすようになり始めた時期と、よく似ています。こういった企業に共通することは、その旗振りをしている社長あるいは実権を持った幹部が若いということです。30~40歳代が中心であり、養殖業というビジネスが人的に強い体制を有する時期になってきたと感じます。

 こういったリーダーたちと毎週のようにお会いしますが、彼らが口をそろえて言う言葉が印象的で「協力してくれとは言わないが、邪魔はしないでくれと思う」ということです。こういった「邪魔」というのは、なかなか複雑な意味を含んでいるように感じます。

 通常なんらかの動きをつくる時、一緒になってやろうと思わない、あるいは思えない人の多くは、そういう動きに対して「面倒を起こしやがって」と思います。今の状態で満足していたり、あるいは自分の仕事が増えることを極度に嫌う利害関係にあったりする場合、動きがつくられることにリスクを感じるため、動きをつくる人間に対して「自分勝手な自己満足のために、周囲をひっかきまわしている鼻つまみ者」という評価をするでしょうし、心底そう思っているでしょう。表向きは「良いことなので協力する」と言っておきながら、裏ではその真反対のことをするというのは、その人の立場に立てば当然の行動であり、その本意は「一切のリスクを負担したくない」ということです。

 動きをつくるということは、確かに周囲にそれだけリスクを与えるということを意味しており、それゆえ動きをつくろうとする若い経営者の動きを止める方向に、周囲がなんらかの働きかけをしてしまいます。小さなハラスメントから、裏から手をまわした妨害、あるいは「合意が必要」という名の下の拒絶などがよくあります。こうした傾向は日本型組織の典型的症状ともいえ、「出る杭を打つ」のは今に始まったことではありません。

 ただし、今「出る杭を打つ」人はとても大事なことを無視しています。それは「動かないことのリスク」が「動くことのリスク」をはるかに上回ることです。

 我が国の養殖業の場合、人口減少による国内市場の縮小は確実である一方、海外は人口増大と所得増加で市場が確実に拡大するため、国内市場偏重の戦略から海外も視野に入れた戦略に変換しないと生き残れないのは自明の理といえます。こういった単純な事実に目を向けると、動こうとしている人と一緒になってかたちをつくっていくほうが戦略的に正しく、足を引っ張ることは自分にとっても利益にならないことを理解すべきです。

●STAP細胞論文問題で見落とされている点

 話は飛びますが、最近はSTAP細胞の話題で、論文の手順や中身にいろいろ問題があることが明らかになり、いろいろ賛否両論が出ています。ただ、ここは冷静に見ないといけない部分はあると思います。研究者として論文に問題があるということはその通りと思う一方、重要なことを見落としている報道も多く見受けられます。