NEW

音楽プロデューサー佐久間正英の偉大なる軌跡 最後の作品集『SAKUMA DROPS』を紐解く

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 去る1月16日に末期がんの闘病の末、亡くなったプロデューサー佐久間正英のプロデュース作品集『SAKUMA DROPS』がリリースされた。2枚組全34曲、古くは78年11月発表の遠藤賢司『東京ワッショイ』に始まり、昨年暮れに録音され、死の当日にマスタリングにOKを出したという自身のソロ曲「Last Days」まで、足掛け37年にも及ぶ作品を収録している。少なくとも日本のロックで、これほど長い間現役第一線のプロデューサーであり続けた例は、ほとんど思いつかない。同作に収録された、まさしくキラ星のごとく並んだスターたちを見れば、彼が日本のロック史に果たした役割が理解できるだろう。とりわけBOØWY、ブルーハーツストリート・スライダーズなどバンド・ブーム黎明期から、エレファントカシマシJUDY AND MARYGLAY黒夢くるりなど日本のロックが音楽的にも商業的にも大きな発展を遂げた80年代後半から90年代にかけての功績はきわめて大きい。

続きはこちら