NEW

SMAPに影響されたリアルGMT!? 福井県のロコドル せのしすたぁ登場

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140322-seno2.jpg

良質な楽曲がアイドルファンの間で話題となっている、福井県のロコドル・せのしすたぁ。

 NHK朝の連続小説『あまちゃん』が昨年世間を席巻したように、今はアイドルブームであり、ロコドル(ご当地アイドル)ブームでもある。せのしすたぁは、その「あまちゃん」から展開された「全国『あまちゃん』マップ!あなたの町おこしキャンペーン」で、47都道府県のご当地アイドル・福井県代表に選出されたグループ。メンバーは、長女役の「ゆうほ」とニ女役の「まお」の2人で、ともに高校を卒業したばかりの18歳。実の姉妹ではなく、小学校からの幼馴染同士だ。

 彼女たちの魅力は数あれど、最も特徴的なのは、楽曲のアイドルポップスとしての質の高さ。メロディーラインが心地良く、軽快で踊れるそのサウンドに、耳の早いアイドルファンたちがこぞって熱狂している。プロデューサーでありマネージャー、そして楽曲制作も行っている森永康之氏(クリエイティブオフィスSHOWCASE)は、その音楽ジャンルを「和製歌モノディスコ」と、今回の取材で定義した。

続きはこちら