NEW

いいとも奇跡の共演、スタッフ動揺でカンペは「みんなで仲良く話す」、裏で各事務所の怒号

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『森田一義アワー 笑っていいとも!』公式サイト(「フジテレビ HP」より)
 1982年10月に放送がスタートして以降、約32年続いた長寿テレビ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)が、ついに3月31日に最終回を迎えた。正午から放送された通常版では、ビートたけしや明石家さんま(電話のみ)がゲスト出演するなどして、最終回に華を添えた。

 そして同日夜には特別番組『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』が生放送され、番組内では明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、爆笑問題、ナインティナインら人気お笑いタレントが一堂に会すという“奇跡の共演”が実現。中でも、以前から不仲説が囁かれていた松本人志(ダウンタウン)と石橋貴明(とんねるず)、さらには松本と太田光(爆笑問題)が共演を果たし話題を呼ぶなどし、平均視聴率28.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。華やかに32年間の歴史に幕を閉じた。

 その『グランドフィナーレ』に出演したナインティナインの岡村隆史は、4月4日1:00~放送のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演し、生放送の裏側で起きていた“混乱”を明かした。

『グランドフィナーレ』冒頭では、タモリとダウンタウン、ウッチャンナンチャンらがトークをしているところにとんねるずが“乱入”する展開となったが、岡村によれば、番組の台本はあったものの「誰も開けてないですよね」と言い、「紙1枚あって、この順番です、っていうのが置いてあったんですよ。マル1:明石家さんま、マル2:ダウンタウン、マル3:ウッチャンナンチャン、ここでブロックひとつ終わり。ちょっと空いて、ナインティナイン、って書いてある下から、爆笑問題、とんねるず、笑福亭鶴瓶」と出演順が決められていたという。その理由について岡村は、「これは言うたら、不仲説やとか、大人の事情とかいろいろあるかもわかりませんけども、スタッフの気遣いで、さんまさん、ダウンタウンさん、ウンナンさんまでクリアすれば、あとはみんなガッーっといけるでしょっ、ていうことだったんですよ」と、不仲説の流れていた出演陣に対する配慮が働いていたためではないかと語った。

 また、“とんねるず乱入”の直前まで石橋の楽屋にいたという岡村は、「よくよく考えると、すべては松本さんやと思う。松本さんが(生放送の)本番中に『とんねるず』っていう単語出さなかったら、とんねるずさんの乱入なかったかもしれない」と分析。そう考える理由について、「『とんねるず』って(松本の口から)出たから、その瞬間に(石橋が)マネージャーさんに、『(相方の木梨)憲武に行くぞって言ってくれ』って言って、行くついでに、(爆笑問題の)太田(光)さんに『殴り込み行くぞ』って。松本さんが言わなかったら実現しなかった」と語った。

 そして「本来なら交わることのなかった人たち」(岡村)が一堂に会したことで、番組スタッフも動揺していたようで、「あんだけのレジェンド来たら収拾付かないじゃないですか。あの時に(スタッフから)出たカンペって、何か知ってます? 細いペンで、全員に出したんですよ、一枚だけ、『みんなで仲良く話しましょう』っていうカンペ、ポーンって出たんですよ。あの面々を前にして出せるカンペって、あれしかなかったんですよ」と明かした。