NEW

ハーバード大卒芸人・パックンが語る、人の心を動かす側に立つ「3K」トーク術とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『ツカむ!話術』著:パトリック・ハーラン/KADOKAWA

 ハーバード大学出身という高学歴の持ち主ながら、22歳のときに来日し、異国の地で日本人とお笑いコンビを結成。バラエティ番組だけでなく、語学番組や教養番組にも出演し、軽妙なトークでお茶の間の人気者となった外国人といえば、パックンマックンのパックン、本名パトリック・ハーランさんです。

 ジャーナリストで東京工業大学教授である池上彰さんの紹介で、2012年から同大学の非常勤講師に就任し、「コミュニケーションと国際関係」という講義を担当しています。大教室が満員で生徒が入りきらなかったというその人気講義が、『ツカむ!話術』(KADOKAWA/刊)というタイトルになって書籍化されました。

 本書のテーマは「トーク術」。ハーバード大学で学んだ理論と、お笑い芸人やコメンテーターとして実践で磨いた話術を余すことなく伝授してくれます。

■コミュニケーションは「3K」を目指せ!

 この本の目的は、人の心をツカんで、相手を動かす側に立つこと。そのためにパックンは「3K」を目指すと言います。

 でも、「キツイ・キタナイ・キケン」がどうしてコミュニケーションに役立つのでしょうか? ……という冗談はさておき、パックンの言う3Kは「気持ち・考え・行動」。これは、古代ローマで世界一の話術を持っていると謳われたキケロが、相手を説得するときに大事なこととして説いた3つのことです。

 気持ち、考えを変えることで行動が生まれる。結構忘れがちなことですが、コミュニケーションの目的として、この「3K」は常に心に持っておきたい言葉ですね。

■パックンが圧倒されたジャパネット高田社長のすごさ

 世の経営者に求められるのが、プレゼンスキル。いわゆる、相手を説得する力です。パックンが本書でそのプレゼンスキルを絶賛している経営者が、ジャパネットたかたの高田明社長です。

 高田社長の持っているトーク術を具体的に説明すると、以下のような特徴が浮かんできます。

・徹底した視聴者目線(相手目線)
・自信を持った主張(訴えかけ)
・独特なイントネーションによる安心感(プロのナレーターが読むような完璧さがない)
・他の人と大きく異なる独自なスタイル(他者との差別化)

 商品に関心を寄せない人に、関心を持たせるテクニックを高田社長は駆使しているのです。

 パックンは、日本では「売り込み」の技術を得意としている人が少ない気がするといいます。でも、自分自身の売り込みスキルは大事になってきます。周囲が不得意としている中で、今のうちに売り込みのスキルをあげておけば、それが他者との差別化にもつながるはずですよ。

■もちろん見た目も大事!

 相手の心をツカむ上では、話す技術だけではなく、見た目も極めて大事だというのがパックンの主張です。

 例えば、レーガン元大統領のメディア顧問であったマイク・ディーヴァー氏は「テレビにおいて視聴者が注目しているのは、85パーセントが見た目、10パーセントが言葉の印象、そして5パーセントが話の内容だ」と指摘しています。