NEW

メタリカから英BBCまで…ピアニスト上原ひろみに世界のアーティストとメディアが賛辞を送る理由

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140423-uehara-thumb.jpg

上原ひろみ『ALIVE(初回限定盤)』(ユニバーサルクラシック)

【リアルサウンドより】

 ピアニストの上原ひろみが5月21日におよそ2年ぶりとなる待望のアルバム『ALIVE』をリリースする。『VOICE』『MOVE』に続きベースにアンソニー・ジャクソン、ドラムにサイモン・フィリップスというジャズ界の大御所を招いた「ザ・トリオ・プロジェクト」の最新作にあたる本作は「生きる」という人生をテーマにした作品に仕上がっているという。

 静岡県浜松市のいわゆる「音楽一家」ではない普通の家庭に生まれた上原ひろみ。たまたま始めた習い事のひとつにピアノがあり、6歳から近所の先生からピアノを、また近所のヤマハ音楽教室では歌と作曲を学んだ。当時からハノン(指の動きを覚える練習)は退屈で、ジャズのようにスイングして弾くのが楽しかったという。ピアノの先生の影響からオスカー・ピーターソンやエロル・ガーナーなどのジャズピアノを聴くようになり、小学生の頃の夢は大好きなピアノを毎日弾くことができるピアニスト。その後、12歳の時に参加したヤマハ音楽教室の台湾公演や14歳の時のチェコ・フィルハーモニー管弦楽団との共演から「ピアノで世界中を回りたい」と思うようになった。そんな彼女に転機が訪れたのは17歳のとき。ピアノのレッスンで東京に来ていた上原は、来日中のチック・コリアがリハーサルをしていると聞いて見学に行った。そこで「一曲弾いてみなさい」とチックに促された彼女はピアノを即興。上原の才能を見ぬいた彼は来日公演の最終日に彼女をステージへと上げ、ふたりは大勢の観客の前で共演を果たすことになる。その後バークリー音楽大学へ留学した彼女。作曲や編曲を学ぶ傍らライブハウスや地元のレストランで精力的にライブ活動を行い、デモテープ作りに励んだ。在学中の23歳の時、そこに収められていた曲に感動した教授の紹介によってジャズのメジャーレーベル「テラーク・レコード」と契約。2003年にはバークリーを主席で卒業し、デビュー・アルバム『アナザー・マインド』をリリースした。

続きはこちら