NEW

高須クリニック、「意味不明」と話題のCM、その狙いと秘密とは?高須院長に聞いた

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

高須クリニックCMドバイ編』(無料動画サイト「YouTube」より)
 http://youtu.be/9RtYfnxw_ko

美容整形という概念を日本に広く認知させた第一人者・高須克弥氏が院長を務める、高須クリニック。高須院長は、一医師という枠にとらわれずメディアなどを通じて積極的に発言を行うことでも知られており、前クール(1~3月期)の連続テレビドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)のスポンサーCM放送自粛騒動の際には自らスポンサーに名乗りを上げるなど、世間を賑わせることもしばしばだ。

 そんな高須クリニックは、高須院長が出演するユニークなテレビCMが話題を呼ぶことも多く、例として以下のようなものが挙げられる。
 
『院長 食べる編』
 ・高須院長が高級そうな寿司をどんぶりに入れ、お茶を注ぎ、お茶漬けにする。
 ・立ち食いそば屋で、一口食ってから「あちっ」と一言。その後、氷水を2杯ぶっ込み、「ちょうどいい!」と言う。

『院長 こだわり編』
・寒くても、湯船にお湯がたまっていない状態で入ってしまう。

 このほかにも、ボブ・サップや野村沙知代、安藤美姫が脈絡なく登場するCMなどもあるが、ここ最近では、『高須クリニックCMドバイ編』が話題を呼んでいる。

 その内容とは、ドバイの上空を轟音とともにヘリコプターが舞い、機内にはティアドロップサングラスの高須院長。突然、ターバンを巻いた中東系の男性が「Yes!Takasu Clinic」と言うと、隣の女性もそれに続き、「Me too, Takasu Clinic」と笑顔。その後、高須院長が交際を公言している漫画家の西原理恵子氏までターバン着用で登場する。

 放送開始後から、一部インターネット上などでは、「意味がわからない」「コンセプトは何?」「カオスすぎる」など、疑問を投げかけるコメントが数多く見られる事態になっている。

 そこで今回、このCMの狙いなどについて、高須院長に話を聞いた。