NEW
出版界 ホンネとウソとウラ話

「小悪魔ageha」のインフォレスト社長が雲隠れ! 家賃未払いや刑事告発の可能性と倒産全内幕

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――サイゾー【premium限定連載『出版界 ホンネとウソとウラ話 第8裏話』より】

inforest.jpg

 キャバ嬢のバイブルと呼ばれた『小悪魔ageha』を発行する出版社・インフォレストが4月15日に突如、事業を停止した。4月16日の帝国データバンクの一報を聞きつけ、筆者は、同社のオフィスがある東京・麹町の麹町シルクビルを訪れてみた。だが、エレベーターに乗り同社が入る5~7階のボタンを押したが、反応せず、フロアはひっそりと静まり返っていた。

 なぜ、インフォレストは事業停止(事実上の倒産)してしまったのか。関係者に話を聞くことができた。その直接のきっかけは奇しくも、その麹町シルクビルのオーナーにあったようだ。

 今年4月頭、ビルオーナーが大手取次会社2社の売掛金と主要バンクの一つ、みずほ銀行の口座を仮差し押えしたというのだ。インフォレストが家賃の支払いを停止し、そのビルオーナーとは昨年12月から賃貸借契約を巡って、裁判沙汰にすらなっていたという。だが、内部事情を知る関係者は「未払い賃料は一千数百万円程度。売上高約50億円の会社からすると、たいした額ではない。また係争案件になっていたので、『強引な差し押さえはない』と泉智社長は高をくくっていたのでしょう」と語る。

 とはいえ、これが蟻の一穴だった。数億円の預金がある銀行口座が凍結されたため、発行した書籍・雑誌に関する印刷会社への支払いができなくなった。やむを得ず、同社は手形のジャンプ(延期)を要請した。それが経営危機の情報として印刷・金融業界を駆け巡り、凸版印刷ほか金融関係2社が取次会社の売掛金等の差し押さえに走った。

 その間、およそ1週間。

 インフォレストは銀行口座が凍結され、取次からの入金も3月支払い分からストップ。4月11日には、数日後の15日に不渡りが出てしまうことが判明した。その時、同社泉社長は、従業員の解雇と事業停止を決断したという。

 しかし、肝心の泉社長が15日の社員説明の場に現れず、経理担当者に解雇・事業停止等の説明を一任。しかも、経理担当者は、弁護士に破産申請手続き(法的整理)をする費用がないため自己破産申請はしないと伝えたようだ。債権者の数は1000者弱にものぼり、負債総額も40億円弱にも膨らんでいるにも関わらずである。私的整理をするにも債権者の数が多すぎるうえ、債権者に対する説明会すらいまだ開いていない。泉社長は自宅に帰っておらず、姿を消したままだ。

「経理担当者は、泉社長と電話で連絡できるようですが、債権者説明会のような公の場には出てこないでしょうね。資金繰りの一端を担っていた通販工房が破たんしたことが影響していると考えられる。通販工房は3月20日付で東京地裁から破産手続き開始決定を受けて、整理に入っています。その前社長の大城龍也氏が違法に資金をねん出してインフォレストに注入していたため、債務超過に陥り、自己破産を申請しました。その片棒を担いだ泉社長にも当然責任が問われることになる。通販工房の破産管財人次第ですが、刑事告発となれば、司直の手が泉社長にも伸びてくる可能性も考えられます。その件を追求されるのを恐れて、人前には出てこないのでしょう」(前出関係者)

 別の関係者は言う。

「その件も含めて、あまりに資金の流れが不透明なんです。通販工房の違法行為による負債は12億円といわれています。その金がインフォレスト側に入ってきちんと使われたかは誰も分かりません。また、パズル誌部門を株式会社イードに事業譲渡しています。さらに男性誌『samurai ELO』も三栄書房に、『女子カメラ』もミツバチワークスに売っているんです。その売却益はどこへいってしまったのか、社員は誰も把握していないんです」

つづきはコチラから。