NEW

『VIVA LA ROCK』初日速報レポート “音楽と遊べる”都市型フェスの魅力とは

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140503-viva01.jpg

(C)VIVA LA ROCK 2014 All Rights Reserved.

 埼玉発の新しいロックフェスティバル『VIVA LA ROCK』の初日公演が2014年5月3日、さいたまスーパーアリーナにて開催された。同イベントは音楽誌『MUSICA』の発行人である鹿野淳氏が発起したロックフェス。同フェスが産声を上げたこの日、会場には約1万7000人の観客が押し寄せた。

th_20140503-viva02.jpg

(C)VIVA LA ROCK 2014 All Rights Reserved.

 初日である3日の公演は、メインステージであるSTAR STAGEで鹿野氏が開会の挨拶をしたあと、大歓声に迎えられたBIGMAMAの華々しいステージで幕を開けた。金井政人(Vo/Gt)の「最高のフェスにしようぜ!」の掛け声とともに、序盤からサークルモッシュが起き、会場の熱気はどんどん上がる。それを追いかけるかのようにCAVE STAGE、VIVA!STAGEがスタート。STAR STAGEではSiM、東京スカパラダイスオーケストラ、くるり、Dragon Ash、10-FEET、ACIDMANといったビッグネームが堂々たるステージを展開し、ライブハウステイストで作られたCAVE STAGEや開放感が心地良いVIVA!STAGEでは、キュウソネコカミやグッドモーニングアメリカ、KANA-BOONといった新進気鋭のアーティストで入場規制がかかるほどの盛り上がりを見せた。それぞれのステージが個性的に機能し、今のロックシーンを色濃く映し出していた。

続きはこちら