NEW

クリープハイプ、再出発シングルに込めた決意を語る「ちゃんと地に足がついた曲を届けたい」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140509-creep-main-thumb.jpg4月には日本武道館2日間公演も成功させたクリープハイプ。

 クリープハイプがレーベル移籍後初のシングル『寝癖』をリリースした。再出発となる表題曲は、彼らの初期作品を彷彿させる、メロウな叙情性を前面に出した仕上がり。二人の男女の視点を交錯させた歌詞など、ソングライターである尾崎世界観の個性に焦点を当てた内容といえる。彼らは今回のシングルを出すにあたって、どのような姿勢でのぞんだのか。メンバー全員が現在の率直な心境を明かした。

「『このバンドの一番真ん中はどういったものなんだろう』って考えて作った」(小泉)

――クリープハイプはジャーナリスティックな面も持つバンドなので、レーベル移籍がニュースとなったことを踏まえ、どんな曲が届くのか想像を巡らせていましたが、「寝癖」はバンドの創作上の原点に立ち返るような、繊細な情景描写を特徴とする曲ですね。まず、リリースにあたって考えたことは?

続きはこちら