NEW

3Dプリンタが悪用される日 ― 拳銃自作だけではない、今そこにある危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

 今月8日、3Dプリンターを用いて拳銃を作成していたとして、湘南工科大学職員の居村佳知(いむらよしとも)容疑者(27)が神奈川県警に逮捕された。ガンマニアである居村容疑者は、インターネットを通じて海外サイトから設計図をダウンロードしたとみられ、自作した拳銃は、厚さ2.5mmのベニヤ板10枚を貫通するほどの威力を持っていたと伝えられている。

3D_printer.jpg
押収されたものと同型と思われる拳銃「YouTube」より

 3Dプリンターが「新たな産業革命を起こす」としてニュースを賑わすようになって久しいが、人々の生活がより便利で豊かになるという面だけでなく、社会の犯罪事情すら一変させる可能性があるという点も、今後より一層クローズアップされるようになるだろう。3Dプリンターが犯罪行為やその捜査活動に与えるインパクトについては、「銃器の自作」以外にも様々なものが指摘されている。そこで今回は、それらの中から代表的なものを紹介しよう。

続きは【トカナ】で読む