NEW

乃木坂46西野、連続センターの意図とは? ミスiDレイチェルがその”イメージ戦略”を分析

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 乃木坂46が、5月11日放送の『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)で、9枚目のシングルの選抜メンバー17人を発表した。同グループには最近、生田絵梨花の一時休業やSKE48松井玲奈と生駒里奈の交換留学などの大きな動きがあったため、その動向に注目が集まっていた。

 センターは8枚目のシングル『気づいたら片想い』に引き続き、西野七瀬が務めるほか、松井が選抜入りを果たし、かつてセンターを務めた堀未央奈と生駒は後列へ下がるなど、有名メンバーにもある程度の動きがあった今回の選抜。『乃木どこ』内で西野自身が前作でセンターを務めたことに対し「もう二度とセンターを務めることはないと思って挑んだ」といった趣旨の発言をしていたことからも、乃木坂46において同じメンバーが連続でセンターを務めることが異例であることが伺えるが、そこには果たしてどのような意図があるのか。

 講談社主催の女性アイドルオーディション企画「ミスiD2014」の準グランプリであり、乃木坂46の熱烈なファンとして知られるレイチェル氏は、同グループのイメージ戦略について以下のように語った。

続きはこちら