NEW

AKB48、ももクロも出演 「氣志團万博」はなぜ規模拡大を続けるのか?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 9月13~15日に千葉・袖ケ浦海浜公園で開催される氣志團主催の野外フェス『氣志團万博2014 ~房総大パニック!超激突!!~ Presented by シミズオクト』。その出演アーティスト第一弾が先日発表された。

 今年から3日間の開催となった『氣志團万博』。第一弾アーティストとして発表されたのは、AKB48岡村靖幸、the GazettE、華原朋美氣志團きゃりーぱみゅぱみゅGRANRODEO、黒夢、ゴールデンボンバーシド私立恵比寿中学仙台貨物、チームしゃちほこ、10-FEET東京スカパラダイスオーケストラニューロティカ、味噌汁's、ももいろクローバーZ森高千里森山直太朗RIP SLYMEという21組だ。

 世代もジャンルもフィールドも超えた「ありえない」メンツが集うフェスとして注目を集めてきた『氣志團万博』だが、今回もかなり豪華なラインナップとなっている。特に今年はAKB48、ももいろクローバーZという2大アイドルグループが並び、ワールドツアーを終えたきゃりーぱみゅぱみゅも出演と、大きな注目を集めることは間違いないだろう。他にも華原朋美や森高千里など90年代から活躍する歌姫、シドやthe GazettEやゴールデンボンバーなどのV系、10-FEETや東京スカパラダイスオーケストラなどロックフェス常連のバンド勢が集い、さながら「J-POP博覧会」とも言える一大イベントとなっている。一昨年、昨年に続き大きな成功を果たすことは間違いなさそうだ。

続きはこちら