NEW

岡村隆史、W杯関連の仕事のオファーを2件とも断る「“便乗”って言われたくない」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡村隆史(右/『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.2』<ワニブックス>より)
 6月12日に始まるサッカー、2014 FIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場する日本代表メンバーが今週から鹿児島県指宿市で合宿練習を開始し、本番に向けて早くも盛り上がりをみせている。そんな中、高校時代はサッカー部に在籍していた経験を持つお笑いタレント・岡村隆史(ナインティナイン)は、5月23日1時~放送のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演し、実は2つもW杯関連の仕事のオファーを受けているが、すべて断る意向であることを明かした。

 事の発端は、先週16日放送の同番組内で、「岡村はW杯に“便乗しているタレント”だと見られたくないため、関連する仕事のオファーをすべて断っている」との一部報道を、岡村自身が否定したことだった。岡村は、リスナーから寄せられた「岡村はW杯関連の仕事を断っているというのは本当か?」という質問メールに対し、「便乗したいのはやまやまなんですが、残念ながらどこからもお声がかからない」と回答。そして、「静かにしている、静観している、オファーを待っている。そういう状態」と心の内を明かしていた。

 さらに、「サッカー関係者、スポーツ局のみなさん、まだ(仕事の予定は)空いてます」「並々ならぬ気合いを入れて、(仕事のオファーを)待っております」と強い意欲を示していた。

 そして今週23日1時~放送の同番組内では、先週の放送を受けてこの1週間で「2つくらいW杯の仕事が入った」(岡村)ことが明かされた。だが、マネージャーから「ホンマに便乗しているみたいで、カッコ悪くないですか?」と心配された岡村は、「そんならやめとこか」と断念したといい、「ホンマに引き受けたら、だいぶ叩かれそう」との危惧を口にした。

 さらに、「申し訳ないですが、お断りすることに」と改めてオファーを受けない意向を示しつつも、「(『オファー待ってます』と)言うてみるもんやな……」とラジオ番組放送内での“売り込み”の効果の高さに驚いた様子をみせた。

 番組内ではこのほかにも岡村は、W杯シーズンになるとサッカーに詳しくなさそうなタレントがW杯に“便乗”していろいろとコメントしているのを見て、「サッカー知ってんのか? それはちょっとやめて」と思うことが多いといい、「(岡村自身が)“便乗”って言われたくない」という思いから、オファーを断るに至ったと明かした。

 岡村は、先週16日放送の同番組内でも、毎回W杯が近づくとそれに“便乗する”タレントが増える風潮について「確かに、そんなに好きちゃう人が出てくるから」と苦言を呈していた。
(文=編集部)