NEW

KANA-BOON、キュウソネコカミ、オーラル……関西出身の若手ロックバンドが台頭する背景とは?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 関西出身の若手ロックバンドの活躍が目立っている。

 KANA-BOONは先週全国ツアーを終え、5月21日にシングル『フルドライブ』をリリース、5月23日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演することも決定している。コンテンポラリーな生活も5月21日に『ポップソングと23歳』をリリース、7月27日には神聖かまってちゃんとの2マンライブを行うほどの活躍を見せている。6月18日に『チェンジザワールド』でVictorからメジャーデビューするキュウソネコカミや、7月16日に『起死回生STORY』でA-sketchからメジャーデビューをするTHE ORAL CIGARETTESなど、関西ローカルシーンから飛躍するバンドも少なくない。

 なぜ今、関西発のロックバンドが台頭しつつあるのか。音楽ライターの柴那典氏は、その動きには“音楽面”と“文化面”が大きく影響しているのではないかと語っている。

続きはこちら