NEW

1億円のキャンピングカー!? 最新技術を駆使した“動く豪邸”は果たして売れるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

 1億円出せば、ほとんどの場所や国でかなり素晴らしい家を得られるはずだ。しかしこの“豪邸”にはまず、駐車する場所が必要だ。そう、それは約1億4千万円の価格で市場に登場した、最高水準の技術を備えたキャンピングカーなのだ。


■ハイテクの贅を極めた“動く豪邸”

 これは1970年代に退職者がこぞって購入したキャンピングカーとは全く種を異にする。今までのキャンピングカーはただ、ドライブ中に車中で眠れるだけであったが、これはニューヨーカー達の避暑地として有名なハンプトンの邸宅よりももっと豪華なのである。このキャンピングカーには、ピアノ、運動用にトレッドミル、日焼け用ベッド、レコーディングスタジオ(ミュージシャンタイプ用)、そして暖炉まで付いている。

続きは【トカナ】で読む