NEW

会社員が一念発起! 退職して全国3000カ所以上の温泉を巡り1年…そこで得たものとは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『日本一周3016湯』(高橋一喜/著、幻冬舎/刊)

 日本人は温泉が好きな国民といわれている。長い休みは温泉旅館でのんびり過ごしたいと思っている人も多いだろう。

 ただ、好きになりすぎて、会社を辞めてまで全国の温泉をまわろうという人はなかなかいないはず。

 『日本一周3016湯』(高橋一喜/著、幻冬舎/刊)は、温泉好きが高じて一念発起し会社を辞め、中古車で全国温泉めぐりのをした高橋一喜氏が、制覇した3016湯を紹介する新書だ。

 「温泉に入りたいので、会社を辞めさせてください」

 そう上司に告げ、高橋氏は出版社でビジネス書を編集する仕事を辞め、日本全国の温泉に入りつくす旅に出た。

 そもそも、温泉にはまったく興味はなかった。それが24歳のとき、当時付き合っていた彼女と和歌山県に旅行に行った際に立ち寄った「崎の湯」に入ったことがきっかけで、温泉のとりことなる。

 温泉のことを知れば知るほど温泉の魅力にハマり、湯船に浸かれば浸かるほど、もっと温泉のことを知りたくなるもの。一度興味をもったものはとことん突き詰めるという性格を抑え込むことが難しくなっていた。そして、「日本全国の温泉すべてめぐりたい」という夢を抱くようになる。

 日本には約3000カ所を超える温泉地があり、休日を使ってもとてもまわり切れるものではない。

 人生の幸福とは、何でもいいからひとつの道を究めることではないかという考えと、独身であり、両親も元気という環境もあり、「今、素直にやりたいと思うことをやろう」と決心し、8年間勤めた会社を辞め、マンションを引き払った。

 2008年3月23日、中古で購入したステップワゴンで千葉県にある実家を出発。3000湯に入り尽くすまでは決して旅を終えないと決め、1年2ヶ月をかけて3016の温泉を巡った。

 旅を終え、千葉の自宅で迎えてくれた母親の第一声は「温泉くさい!」だった。この母の言葉は、高橋氏にとって激戦を戦い終えた証しのようなもので、誇らしかったという。

 では、この旅、どのくらいお金がかかったのだろうか。高橋氏がよく聞かれた質問らしいが、これは気になるところだ。

 出発当時の貯金は600万円。すべて使い切ってしまったら、旅から帰ってきたあとに生活がままならなくなってしまうので、100万円は残し、予算を500万円とした。期間は365日を想定したという。

 旅の家計簿の内訳は次のとおり。