NEW

Appleが30億ドルでBeatsを買収した背景とは? 音楽業界との関係強化が狙いとの見方

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 アップルは現地時間の5月28日にヘッドフォンやスピーカー、ソフトウェア技術を扱う「Beats Electronics」と音楽配信サービス「Beats Music」を買収することで合意したと発表した。買収総額は約30億ドルで、日本円でおよそ約3056億円。アップル史上、過去最高額の買収となる。また買収に伴い、Beatsの創業者であるドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンはアップルに加わることが決定している。

 Beatは2008年に音楽プロデューサーやラッパーとして活躍するドクター・ドレーとインタースコープ・レコードの共同設立者であるジミー・アイヴォンが立ち上げた音楽企業。アメリカのティーン世代から50%近い支持率を得ているという「b」ロゴのカラフルなヘッドフォンに代表されるオーディオ機器で有名なブランドだ。またBeatsはオーディオ事業(Beats Electronics)の他に今年の1月から月額9.99ドルの定額制音楽ストリーミングサービス「Beats Music」を開始。リスナーの視聴環境や気分に合わせたリコメンドサービスで人気を博し、現在およそ11万人のユーザーを囲い込んでいると言われている。さらに特許を取得したBeats独自のオーディオ技術のブランド「Beats Audio」も事業として展開しており、その技術はヒューレット・パッカードやクライスラーの製品などにも採用されている。

続きはこちら