NEW

大島AKB卒業公演、劇場外に数百人のファン「愛を届けたい」救急車や警察車両も待機

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大島優子の卒業公演が行われているAKB48劇場外の模様
 本日(6月9日)、人気アイドルグループ・AKB48の主力メンバー、大島優子の卒業公演が開催され、会場となったAKB48劇場(東京・秋葉原)には数多くのファンが駆けつけた。前日8日には大島の卒業セレモニーが行われるコンサート『大島優子 卒業コンサート in味の素スタジアム~6月8日の降水確率56%(5月16日現在)、てるてる坊主は本当に効果があるのか?~』が開催され、約7万人のファンが大島の卒業を見送ったが、“ファンの聖地”AKB48劇場で行われる今回の卒業公演が、大島のAKB48としてのフィナーレとなる。

 公演はさきほど夕方からスタートしたが、会場外であるAKB48劇場裏のスペースにはチケットを入手できなかったファンが数百人集まり、ファン同士でおしゃべりをしたり、インターネット動画配信で中継されている公演の模様を携帯端末で見たりと、おもいおもいのかたちで大島の卒業を見届けているようだ。会場外には万が一の事態に備えて、救急車や消防車、警察車両が待機しているほか、警備員も配置されているが、特に目立った混乱もなく、おだやかなムードに包まれている。

「劇場外からでも、現場で大島の卒業を見届けたい」と愛知県や山口県、京都府などの遠方から駆けつけるファンもおり、千葉県から来たという10代男性は、「生で公演を見られないが、大島の最後の姿を一目見たいと思って来た。握手会には50~60回行っているが、大島に顔を覚えてもらえたのが嬉しい。大島は青春そのもの」と語った。

 また、群馬県から来たという20代女性は、「あっちゃん(前田敦子)の卒業公演の時には、卒業後にあっちゃんが外に姿をみせてメガホンでスピーチをしてくれた。同じように大島も姿をみせてくれるのでは」との期待を口にした。そして、「握手会で大島はいつも気軽にしゃべってくれたのが印象的だった」と、大島との思い出を明かした。

 このほかにも、8日の総選挙と9日の卒業コンサートにも参加したという、大島の刺繍が施されたジャンパーを着た男性は、「握手会には100回以上行っており、握手会で大島からこのジャンパーを“公認”してもらった。今日は5年分の愛を大島に届けたい。卒業公演の盛り上がりでは、あっちゃんに負けたくない」と熱く語ってくれた。

 こうしたファンの声を背中に大島は、いよいよAKB48として最後の活動を終える。

 大島は2006年にオーディションで第2期生としてAKB48に加入し、10年と12年の「シングル選抜総選挙」で1位となるなど人気を集めたが、13年大みそかに放送された『第64回NHK紅白歌合戦』で同グループ卒業を発表。また、ソロ活動としては女優として数多くのテレビドラマや映画へ出演している。
(文=編集部)