NEW

AKB大島卒業公演、こじはる「もうがんばれない」、たかみなの最後のお願いは拒否

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48大島優子卒業公演中のAKB48劇場外の模様
 本日(6月9日)、人気アイドルグループ・AKB48の主力メンバー、大島優子の卒業公演が開催され、会場となったAKB48劇場(東京・秋葉原)には数多くのファンが駆けつけた。前日8日には大島の卒業セレモニーが行われるコンサート『大島優子 卒業コンサート in味の素スタジアム~6月8日の降水確率56%(5月16日現在)、てるてる坊主は本当に効果があるのか?~』が開催され、約7万人のファンが大島の卒業を見送ったが、“ファンの聖地”AKB48劇場で行われる今回の卒業公演が、大島のAKB48としてのフィナーレとなる。

 会場外であるAKB48劇場裏のスペースには、チケットを入手できなかった数百人ものファンが集結。万が一の事態に備えて、救急車や消防車、警察車両が待機するほか、警備員も配置される中での開催となった公演の終盤では、各メンバーが一人ひとり、大島へ“はなむけの言葉”を贈った。

 まず、大島と親友の宮澤佐江は、泣きながら次のように“お詫びの言葉”を述べた。

「優子とは出会って8年半がたちますけど、2期生のオーディションで合格して、ずっと一緒にやってきました。卒業発表をするって聞いた時は、素直に喜ばなくちゃいけないって思ったし、背中を押してあげたいって思っていたけど、卒業が近づいてくればくるほど、すごく寂しくて。昨日まで素直に『おめでとう』って言ってあげられなくて、ごめんなさい。でも、優子とは死んでも続く関係だと思っています」

 大島と同い年だという小嶋陽菜は、最近、ハワイで卒業記念に大島とお揃いの指輪を買ったというエピソードを披露しつつ、「さっき思いついた」という言葉を次のように贈った。

「優子は同い年で、でも私の持っていないものをすごく持っていて、憧れでもあるし、すごい刺激になったし。優子ががんばってるから、私も今までがんばってこれたし、優子がいなくなったら、もうがんばれないと思う。『AKB48のために私自身、何ができるんだろう』って悩んでいた時に、優子が『にゃんにゃんは、いるだけで和ませてくれるから、誰もそれはできない立ち位置だから、いるだけでいいんだよ』って言ってくれたことが、すごくうれしくて救われました。だから、がんばれないけど、もうちょっと、(AKB48に)いるだけいようと思います」

 大島の卒業コンサートのリハーサルの際、マンツーマンで大島からダンスを教わったという柏木由紀は、感謝の思いを表した。

「すごく見てくれているんだなって実感したのが、6年間、AKB48に入ってから履き続けていた(柏木の)ボロボロの靴を見て、新しい靴をプレゼントしてくれたり、ほかのメンバーから『レッスン着、ダサいね』って言われてたら、おしゃれなレッスン着をプレゼントしてくれたり。そのおしゃれなレッスン着がおしゃれすぎて、着方がわかんなくて(笑)」

 そしてメンバーのラストとしてAKB48総監督の高橋みなみは、大島との唯一の思い出だというエピソードを明かした。