NEW

乃木坂46生駒里奈の総選挙14位をどう見る? ミスiDレイチェルが「グループに与える影響」を分析

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 AKB48の37thシングルの参加メンバー80名を決める『AKB48 37thシングル選抜総選挙夢の現在地~ライバルはどこだ?~』の開票イベントが、6月7日に東京・味の素スタジアムで開催された。同イベントでは渡辺麻友が初の1位になるなど注目を集めるなか、乃木坂46と兼任を務める生駒里奈が中間速報時の56位から票を大きく伸ばし、14位にランクイン。16位までのメンバーに与えられるメディア選抜入りを果たした。

 舞台公演『16人のプリンシパル trois』と並行して9枚目のシングルの制作を行いながら、この総選挙への活動を続けてきた生駒。『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京系)の6月1日放送回では、兼任発表時には他のメンバーからの反発もあったが、現在はグループ全体として生駒の兼任活動を応援する姿勢になったことも明した。

続きはこちら