NEW

濱野智史プロデュース「PIP」が目指すものは? インディペンデント・アイドルの可能性を探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 気鋭の批評家/情報環境研究者でありながら、重度のアイドルヲタクとしても知られる濱野智史氏が、自らプロデュースを手がけるアイドルプロジェクト「Platonics Idol Platform」通称「PIP(ピーアイピー)」を、6月15日より始動した。(参考:「みんなが疲弊しないアイドル環境を作りたい」濱野智史が“厄介ヲタ”になりかけて決意

 SHIBAURA HOUSEで行われたお披露目イベントでは、計22人のメンバーが3チームに分かれ、AKB48などのカバーを披露。握手会はもちろん、似顔絵描き会といった催しもなされた。

 インディペンデントながら「AKB48を人数で越える」といった野心的な目標を抱いた同プロジェクトで、濱野智史氏はアイドル業界に何をもたらそうとしているのか。同氏にあらためてそのコンセプトを語ってもらった。

続きはこちら