NEW

KKKが戦争準備体制に!? アメリカ崩壊説と過激化する人種差別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

 人種差別的言動で悪名高いアメリカの秘密結社「KKK(クー・クラックス・クラン)」のメンバーが戦闘服に身を固め軍事訓練を開始したという驚きのニュースを「Daily Mail」が報じている。


■KKKの1グループが軍事訓練を開始

 KKKの派閥のひとつである「忠実な白馬の騎士 (LWK)」 に属するある家族は、ウェストバージニア州のパーカーズバーグで行われる秘密の会合にカメラが入る事を許可した。このグループは、米国内で人種間の戦争が差し迫っているという考えに固執しているのだという。LWKは、少なくともバージニア州、ウェスト・バージニア州とノースカロライナ州に渡っており、彼らは米国中で合計6,500人のメンバーを持っているという。

続きは【トカナ】で読む