NEW

なぜ日本に激安の「イベリコ豚」が出回る? どんぐりを食べるのはほんの一握り……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『イベリコ豚を買いに』(野地秩嘉/著、小学館/刊)

 イベリコ豚というと、あなたは何を思い浮かべますか?

 イベリア半島固有の畜種、どんぐりを食べている、香りに特徴がある、高級である……そういったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 『イベリコ豚を買いに』(野地秩嘉/著、小学館/刊)は、そんなイベリコ豚をめぐるノンフィクション。イベリコ豚に魅せられた著者がはるばるスペインに行き、さまざまな経緯を経てイベリコ豚を購入、自らハムを開発して商品化するという経緯が、丹念につづられています。

 ここでは本書から、意外に思うかもしれないイベリコ豚にまつわるトリビア(豆知識)を2つ紹介したいと思います。

■どんぐりを食べて育つイベリコ豚はほんの一握り


 イベリコ豚というと、やはり「どんぐりを食べている」というイメージが強いのではないでしょうか。

 でも、実は、どんぐり(樫の木の実)を食べて育つイベリコ豚は、全体の10パーセントほど。「ベジョータ(bellota=スペイン語で「どんぐり」)」と呼ばれるものだけが、最高級のイベリコ豚なのです。

 ベジョータは日本ではごくわずかしか流通しておらず、日本で「ベジョータ」の生ハムを購入しようとすると、なんと、100グラムで約5000円。

 日本に輸入されるイベリコ豚の多くは、「セボ」と呼ばれる、どんぐりを飼料としないものなのだそうです。

■イベリコ豚の安売りセール品は……


 今や、イベリコ豚と名のつく豚は、デパートやスーパー、さまざまな飲食店で目にします。

 なかには、安い値段で売っているイベリコ豚もありますが、こういった安売りセール品のイベリコ豚ははたして本物なのでしょうか?

 答えは、「本物」。ただし、どんぐりを食べて育った、最高級のイベリコ豚「ベジョータ」ではありません。日本ではどんぐりを食べて育った豚がイベリコ豚だというイメージが強いのですが、「セボ」と呼ばれる、普通の飼料を食べて育ったイベリコ豚も存在します。

 本書によると、日本に来ているイベリコ豚のほとんどは「セボ」。たとえ「ベジョータ」であったとしても、生ハムや精肉のステーキでなければ分からず、メンチカツや角煮にしてしまうと、食べて区別することは難しいのだそうです。