NEW

尾上松也の浮気報道、なぜか松也サイドが前田敦子に激怒?歌舞伎界をコケにされた?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前田敦子(『クイック・ジャパン 110』 <太田出版>より)
 元AKB48メンバーで女優・歌手の前田敦子が語った恋愛談義の一部が、6月19日発売の「週刊文春」(文藝春秋/6月26日号)に掲載され、話題を呼んでいる。

 東京都内の居酒屋で、前田が「ブス会」と呼ぶ芸能界の親友たちとの飲み会が行われ、その会話の一部が掲載されたのだ。その内容といえば、歌舞伎界の若きプリンス、尾上松也との交際についてなのだが、一度は破局が報じられた仲だけに、実際に破局の危機があったという内容は興味深い情報ではあるが、前田から松也に送った別れを暗示させるメールの文言は、実はブス会メンバーで俳優の柄本時生が代筆したものだったというから驚きだ。

 だが、この「文春」報道の一番の焦点は、前田が一途に松也のことを熱く語っていたこの日の5日後、松也が松任谷正隆の姪という40代女性と“車チュウ”する浮気現場をキャッチされ、同時に掲載されている点だ。前田にとっては非情な“Wスクープ掲載”となった。

 とはいえ、松也は生粋の梨園の男。市川染五郎、片岡愛之助ら数多くの人気歌舞伎俳優が隠し子の存在を公表しており、それらも“芸の肥やし”として受け入れられている世界。浮気の1つや2つ、愛人の1人や2人がバレたくらいで動揺するほどのことではないのが“常識”である。

 そんな梨園において、この「文春」報道に松也サイド、正確には松也の母親が激怒しているという。劇場や自宅にまでマスコミが押し寄せ、迷惑しているということもあるだろうが、それくらいは悠然と対応するのが歌舞伎役者というもの。しかし、松也サイドの怒りの理由は他にあるという。

 世間的には、松也との結婚も真剣に考えている一途な前田が、プレイボーイの松也に容易に裏切られたと同情を集めているが、歌舞伎界関係者は「どっちもどっち」と評する。松也サイドからしてみれば、別れのメールを別の男に代筆されていたというくだりは、次世代のプリンスの名に傷をつけられたという発想なのだという。同関係者は「(前田に)コケにされたと憤慨してもおかしくないですよ」と指摘する。

 記事からは前田に悪気がない様子がうかがえるが、その稚拙さは梨園では通用しないのかもしれない。
(文=編集部)