NEW

田中みな実、退社の陰にTBS内での深刻な孤立か 藤森は結婚意思なく破局秒読み?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田中みな実の公式ブログ「みなはっぴー」より
 6月24日、「週刊文春WEB」(文藝春秋)が、TBSアナウンサーの田中みな実が今秋にも同局を退社しフリーになると報じ、各メディアが一斉に後追いしたが、その詳細内容を26日発売の週刊誌「週刊文春」(7月3日号)が報じている。

 記事によれば、バラエティ番組で人気女子アナの仲間入りを果たした田中は、真面目で素直だった入社当初とは人が変わり、局内で一時総スカン状態となってしまい、孤立していたという。そうした状況に悩んでいた田中は、タレントの立花胡桃に相談。立花の紹介で、彼女やフリーキャスターの宮根誠司らが所属する芸能事務所「テイクオフ」への移籍が決定したという。「文春」の取材に対しTBSは、10月以降は田中がフリーのアナウンサーとして活動する予定だと認めている。

 25日には田中は自身のブログで「新聞等の報道ですでにご存じかと思いますが、9月30日をもちましてTBSを退社することにいたしました。入局以来大変お世話になった職場を離れることはとても寂しいです。でも、大好きなアナウンサーという仕事をもう少し広い視野で、環境で、挑戦していきたいと思い、決意しました」とコメントし、今秋にフリーになることを認めた。
 
 フリー転身後はテイクオフに所属する予定だというが、田中ほどの人気アナになれば、各芸能事務所が争奪戦を繰り広げたはず。実際に、田中と交際中であることを認めているお笑いタレント・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシー関係者は、当サイトの取材に対し「うちもバラエティ番組に対応できる女子アナを抱えたいと思い、獲得に動きましたが、実現できませんでした」と認めている。

 一方、田中を獲得したテイクオフは、宮根や立花のほか、羽鳥慎一らが所属。芸能界に大きな影響力を持つといわれる“芸能界のドン”こと周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションの系列会社とみられている。

●オリラジ藤森との別れも近い?

 また、昨年プロバスケットボール選手の五十嵐圭と結婚した元フジテレビ・アナの本田朋子、12年に同局社員と結婚した元同局アナの平井理央など、女子アナがフリーになる時は、結婚するには格好のタイミング。田中も寿退社かと思いきや、その予定はないと報じられている。このことについて、前出のよしもと関係者は「田中はフリーに転身すればTBS時代より年収がアップするし、忙しくなる可能性が高いですから、すぐに藤森とは別れるのではないでしょうか。藤森もしばらくは結婚する気はないようです」と言う。

 田中と藤森は、12年11月に「フライデー」(講談社)にお互いの自宅を行き来する姿を撮られ、交際が発覚し、その後、藤森は出演したテレビ番組で堂々と交際を宣言。しかし、約1カ月後の12月に「文春」が、藤森が過去に女性モデルを妊娠・堕胎させ、中絶手術費や慰謝料として計350万円を支払ったことや、このスキャンダルを隠すために、よしもとと「フライデー」編集部との間で密約が交わされ、田中と藤森の写真を撮らせたなどと報じていた。