NEW

『ROCK IN JAPAN FES』にアイドル勢が大挙出演 バンド以外でも「勝ち上がり」の流れ進む?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014』の一部アーティストを除いたタイムテーブルが6月25日、発表された。

 今回から【DJ BOOTH】は【BUZZ STAGE】へと名称が変更し、これまで出演していたDJやアイドル、ヒップホップアクトの他に、ロックバンドなども同ステージに出演するようになった。また、『BUZZ SPECIAL』という、約1時間30分の持ち時間で複数のアイドル・シンガーソングライターが出演するコーナーも新たに設立。フェスのさらなる多角化が進む形となった。

 今回、同フェスが『BUZZ SPECIAL』のようなアイドル・シンガーソングライターの特集コーナーを作った意味とは一体何なのだろうか? リアルサウンドで『フェス文化論』を連載している音楽ライターの柴那典氏は、この動きについて、「ステージ転換のしやすさ」と「アイドルが勝ち上がる場としての設定」の2つが、理由として考えられると述べた。

続きはこちら