NEW

“億当せん”続出! 山口県宇部市で宝くじ高額当せんが相次ぐ謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

0701takara_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 いま、宝くじで高額当せんが多く出る土地として、大きな話題になっている所がある。そこは東京や大阪のような大都市ではなく、山口県宇部市だ。瀬戸内海に面した人口17万人足らずのこの町では、驚くべきことに、市内の売り場でジャンボ宝くじなどの“億当せん”が6年連続で出ているのだ。偶然とは思えないこの偏りに、一体どのような要因があるのかを探ってみよう。

 宇部市内では、今年も5月30日に抽せんが行われた『ロト7』で、6億3千万円を超える当せんが出た。この売場は『ウェスタまるき西岐波店宝くじ売り場』で、これまで高額当せんが出たことはなかったという。

続きは【トカナ】で読む