NEW

バイトでもブラック企業と闘える! すき家スト騒動は本当に不発?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

sukiyastrike_140704.jpeg
『「生きる」ために反撃するぞ! 労働&生存で困ったときのバイブル』(筑摩書房)

 今年3月頃から閉店中の店舗が目立ち、5月末にはアルバイトによる「ストライキ」騒動にまで発展した大手牛丼チェーン「すき家」。騒動の背景にあったのはバイトの一斉退職、通称「鍋の乱」の存在だ。

 他の牛丼チェーンでは1店舗につき2名以上の店員を配置するが、すき家では経費削減のため、業務をバイト1人だけで行う「ワンオペレーション(ワンオペ)」が主に深夜帯で常態化していた。これが作業負担の大きい「牛すき鍋定食」の発売と重なり、反感を買ったという。

 報道によると、結局騒動による閉店はなく、千葉県の食肉加工工場でのたった1名のアルバイトによるストに終わったようだ。匿名の呼びかけがSNSで拡散され大騒ぎになったものの、フタを空ければ大規模な労働運動にならなかったことから、メディアは愉快犯的側面を指摘していた。しかし、これは本当に空騒ぎだったのだろうか。“1人スト”は何の意味もないのだろうか。