NEW

E-girlsは「ガールズグループ」をどう変える? スパイス・ガールズ以来の系譜で読み解く

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140620-egirls.jpg

【リアルサウンドより】

 E-girlsの躍進が止まらない。昨年末の紅白歌合戦出場にはじまり年始にはドラマ『恋文日和』にメンバー10名が出演。6月14日に行われた『MTV VMAJ 2014』では「ごめんなさいのKissing you」で最優秀振り付け賞を受賞し、さらに今月からは3か月連続のシングルリリースが決定した。第一弾となる『E.G. Anthem -WE ARE VENUS-』は歌詞の中に「Dream」「Happiness」「Flower」とE-girlsを構成するグループ名が登場する「自己紹介ソング」。彼女たちの次なるステージへの第一歩を予感させる意欲作に仕上がっている。

 いまや世間一般まで浸透したガールズグループ。その立役者であり最大の成功者は90年代後半に活躍したスパイス・ガールズだ。『Wannabe』や『2 become 1』など9枚のシングルでチャート1位を獲得。デビューアルバム『スパイス』は全世界で2800万枚という空前の売り上げを記録した。彼女たちと同時期にはオール・セインツやビー・ウィッチドなども世界的な成功をおさめ、ガールズグループというジャンルは急速に浸透していった。

続きはこちら