NEW

木嶋佳苗の私小説ブログも! 獄中からのネット発信が流行中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

kijimachannel_01_140705.jpg
『木嶋佳苗 法廷証言』(宝島SUGOI文庫)

 2009年に発覚した、いわゆる首都圏連続不審死事件で殺人などの罪に問われ、死刑判決を受け最高裁へ上告中の木嶋佳苗被告が今年6月、ブロマガをスタートさせた。

 ニコニコチャンネルに開設されたのは「木嶋佳苗チャンネル」。トップページには木嶋被告の顔写真とともにチャンネル説明として「「平成21年(わ)第1809号等(詐欺、詐欺未遂、窃盗、殺人)」の被告人である木嶋佳苗が拘置所生活のなかで綴った自伝的小説「礼賛」をお届けするチャンネルです。 このチャンネルではブロマガ形式で小説本編を公開していく予定です。」とある。購読するためには月額864円(税込)が必要となっている。

 木嶋被告は今年に入ってから支援者の手を借り「木嶋佳苗の拘置所日記」というブログを開設し、拘置所での生活の様子などを発信していたが、4月に入って「木嶋氏よりブログを商業ベースで個人契約にて行うと申し出があり、今後当ブログは有料メルマガに移行致します」との予告とともにブログの更新は終了していた。