NEW

フジも見習え!”予算なし人気芸能人なし”テレ東の自虐的企画力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

teretou_01_140707.jpg
『TVディレクターの演出術──物事の魅力を引き出す方法』(ちくま新書)

 民放他局から「振り向けばテレ東」と揶揄されていたのも今は昔──凋落が叫ばれ、若者には「オワコン」と吐き捨てられるテレビ業界にあって、唯一、快進撃を続けているのがテレビ東京だ。

 まず、3月まで放送された北大路欣也主演のドラマ『三匹のおっさん』最終回はテレ東史上最高となる平均視聴率12.6%(関東地区)を記録し他局を驚かせたばかりだが、現在放送中の昼の帯番組『昼めし旅~あなたのご飯見せてください!~』も6月26日放送分で2.0%を獲得。フジテレビが肝入りでスタートさせた『バイキング』を追い抜かんとする勢いを見せている。

 さらに、「土曜スペシャル」枠の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は、太川陽介×蛭子能収という地味なキャスティングながら人気を博し、『モヤモヤさまぁ〜ず2』や『Youは何しに日本へ?』といったバラエティ番組は、名誉あるテレビ賞・ギャラクシー賞奨励賞を獲得。開局以来初の2週間連続で生放送を行った『トーキョーライブ24時~ジャニーズが生で悩み解決できるの!?』は、4月度の月間賞にも輝くなど、番組の数字・評価ともにうなぎ登りの状態だ。

 しかし、なぜテレ東だけが元気なのか。その秘密を“テレ東魂”が詰まった『TVディレクターの演出術──物事の魅力を引き出す方法』(ちくま新書)から紹介しよう。