NEW

入社して1年は“上司の奴隷ごっこ”!? 千田琢哉が新人に贈る3つの心得

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『私たちの人生の目的は終わりなき成長である』(千田琢哉/著、学研マーケティング/刊)

 思ったような会社じゃなかった、やりたい仕事とは違う部署に配属になった…仕事に対する不満は、誰もが持っているものですし、誰もが愚痴を言いたくなるものです。特に新人のうちは、会社や仕事に対して理想と違っていたということが多くあり、モチベーションが上がらないこともしばしば。

 そんな人たちに気合いを入れてくれる一冊が、『私たちの人生の目的は終わりなき成長である』(千田琢哉/著、学研マーケティング/刊)です。本書は、ビジネス書作家で20代のカリスマ・千田琢哉さんが、厳しい言葉を織り交ぜつつも、若者へ成長につながるエールをつづった一冊。

 ここでは、本書の中から「新人に贈る心得」を3つ、ご紹介しましょう。

■自分の会社を「ブラック企業」呼ばわりしない


 「入りたい!」と意志表示をして入社した会社。でも、入ってみたら理想と違っていた…。残業にパワハラ、「この会社はブラックだったんだ…」と思ったことがある人もいるはず。

 確かに行き過ぎたブラックならば、自分の身を守るために何らかの対策を講じるべきです。しかし、繁忙期に少し続けて残業を頼まれたり、怠惰による自分のミスで激しく叱責を受けたりしたくらいで「ここはブラックだ」と言っていませんか? そうであれば、とても寂しいことです。

 多少苦しいと思っても、その環境にいるのであれば、愚痴を言わずに研鑽を重ねていくことが大事です。もし、それでも自分の会社を「ブラック企業」だと蔑むくらいなら、さっさと退職してしまったほうがいいと千田さんは言います。

■無断遅刻した人間に人権はない


 社会人としてありえない行為といえば「遅刻」です。その中でも本当に許されないのが「無断遅刻」。到着してから「ちょっと道が混んでいまして…」「体調を崩していまして…」などと苦笑いして言い訳をしている人を、成功者たちは心底軽蔑します。無断遅刻の常習犯は、組織から干されて孤立無援になっているに違いありません。

 時間を守ることの重要性を理解できている人は、人間として認められ、成功者から応援してもらえます。遅刻する人って意外と多いですよね。だから、時間を守れる人が逆に輝くことができる。あなたはちゃんと時間を守れているでしょうか?

■新米のうちは上司の奴隷である


 多くの成功者が成功するコツとして「素直であること」をあげます。新人として入社した後、右も左も分からない状況の中で、あなたを助けてくれるのは上司です。しかし、素直さを持ち続けるのも難しいはず。そんなときどうすればいいのか。

 上司の奴隷に徹することです。

 ひたすら上司の言うことを聞き、上司に尽くし続ける。そんな“奴隷ごっこ”を1年間でも続けることで、大きく成長できるはずなのです。